ライブあり、セッションありの完全分煙のライブ&ミュージックスペースです。レンタルスペース利用可。

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Tumblr
  • Flicker
  • Instagram
  • ENGLISH

ブログ

  • 2018.11.15

    もし最近あなたが笑いが足りてないのなら...

    もし最近あなたが笑いが足りてないのなら、

    即位25周年、CDデビュー23周年で確かなギターテクニックと

    数々の洋楽の名曲を直訳し日本中を笑いのるつぼにしてきた

    「直訳ロッカー王様」が、あなたを確実に笑わかせに福岡まで来てくれるのですが!

    なんと二日間

    11/16(金)王様のビートルズナイト「カブトムシ外伝」
    11/18(日)王様のハードロックナイト「鉛の飛行船伝説」、「深紫伝説」

    即位25周年、CDデビュー23周年、確かな直訳の王様が訳すビートルズのアルバム

    「カブトムシ外伝ライブ in CavernBeat」は

    キャバーンビートの王様のバックバンド「かぶとむしさんたち」のライブ音源が収録されております

    大人気で今ではあまり流通しておりません

    流通していたとしても価格がかなり高騰しています

    王様ライブでは今回も数枚のご用意があるかないか?という感じになっています。

    なぜならば、ツアー中に完売することは多々あることだからです。

    なので今回、王様ライブの物販でCDを手に入れるか、

    ライブを聞くしか「カブトムシ外伝」にはお目にかかることはほとんどできません。

    全国のライブハウスでもキャバーンビートともう一カ所くらいと聞いています。

    もちろんそのもう一カ所は福岡近隣のライブハウスではありません。

    しかも、キャバーンビートでは「カブトムシ外伝」をコーラスまでをバンドで完全再現します。

    フルバンド、フルコーラスはキャバーンビートだけです

    王様の愛ある直訳にツボれるのは年内は11/16(金)、11/18(日)です。

    2日間とも無料のインストアライブでは聞くことができないバンド編成です

    ライブ後にサイン会、写真会もあります!

    王様とのツーショットをゲットしてくださいね

    ご予約すると入場料がお得です👇
    直訳ロッカー王様2デイズ(1日目)/王様のビートルズナイト「カブトムシ外伝」ご予約はこちらから

  • 2018.11.12

    ポール・マッカートニー & ビートルズ スペシャルライブありがとうございました!

    ポール・マッカートニー & ビートルズ スペシャルライブお越しくださいましてありがとうございました。

    フライングエレファンツのポール木村さんが率いるポール・マッカートニーのトリビュートバンド「Paul Kimura & WingZ」と

    安部尊大率いるビートルズバンド「Cavern Boys」

    昨夜のセットリストは以下のとおりです

    「Cavern Boys」

    1.Help
    2.Driver my car
    3.Till there was you
    4.Mr. moonlight
    5.Imagine
    6.My love
    7.Here comes the sun
    8.Don’t let me down
    9.Hi,Hi,Hi
    10.Roll over Beethoven

    「Paul Kimura & WingZ」

    1.Goodbye
    2.Blue bird
    3.Country dreamer
    4.Every night
    5.Here today
    6.I don’t want to spoil the party
    7.Drive my car
    8.The long and winding Road
    9.Getting closer
    10.Lady madonna
    11.Let it be
    12.Come on to me
    13.Let me roll it
    14.She came in through the bathroom window
    15.Golden Slumbers
    16.Carry theat weight
    17.The end
    18.Jet
    en)
    I saw her standing there

    ポール・マッカートニーのジャパンツアーの曲目から

    ポールの最新アルバム『エジプトステーション』の「Come on to me」まで

    アンコールを入れると19曲盛りだくさん届けてくださいました。

    木村さんの歌声で「Come on to me」は本当に痺れました!

    みなさんはいかがでしたか!!

    さて続きまして、12月はジョン・レノンの追悼イベント

    「フライングエレファンツスペシャルライブ!~ジョン・レノン・フォーエバー」

    フライングエレファンツの安部さんの歌声でジョンの名曲を沢山お届けします。

    12月はジョンレノンでビートルズをお楽しみください。

    12月9日(日)フライングエレファンツスペシャルライブ~ジョン・レノン・フォーエバーイベントの詳細やご予約はこちらから

  • 2018.11.10

    ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)発売50周年記念スペシャル・エディション聞きました!

    こんにちは、町田です。

    11/9(金)世界同時発売のホワイトアルバム・スペシャル・エディション

    ホワイトアルバムと言えば、

    すべてのアルバムにナンバーリングがされていて一つとして同じものがなく

    コレクションをコンプリートするには不可能といってもいい異質のアルバム

    キャバーンビートにある町田所有のホワイトアルバムも久しぶりに引っ張り出してきました

    78年頃に購入した記憶で、帯はなくしてしまいました、

    どうやら国内盤LPの76年再発ステレオ盤のようです

    何枚出ているかは知りませんがこれはだいぶ後ろの方のナンバーでしょう

    さて話題の2018年ステレオミックスですが、

    昨夜から聴き始め107曲、全曲聴き終えました

    いつ聞いても新鮮なビートルズ

    ホワイトアルバムは特に

    色々な意見が分かれるアルバムと言われていますが、

    当時から個人的には全く難解な感じはなく好きなアルバムでしたし

    現代の多様化された音楽環境では50年経った最近に聞き始めた人でも

    面白いアルバムと感じるのではないでしょうか、あなたはいかがですか?

    音はジャイルズ・マーティンの拘りぬいたミックスがデジタルなのに

    一つ一つの楽器の音が良音で作られていて立体感に感動しました

    直ぐそこでビートルズが弾いてくれているようで

    バンドを意識した感じはとても伝わってきました

    当時ここら辺からジョンとポールの共作が見当たらなくなったことやマネージャーがいなくなったこと

    これまでのビートルズな感じがなくなったことで不穏な憶測がされたのでしょうが、

    しかしレコーディングセッション聞いてそんな不安はなくなりました

    曲作りに熱中する姿や時には楽しそうにジャムセッションをするメンバーの姿が伺えて

    ホワイトアルバムはビートルズメンバーの共作だと

    ビートルズはバラバラではなく一つだったのだと信じさせてくれました。

    そんな今一番ホットなホワイトアルバムのブームにこの人はやはりのっかっていました!

    11/16は直訳ロッカー王様のビートルズナイトは、

    なんと今回、初お披露目ホワイトアルバムからのあのカッコいい名曲を用意しているそうです!

    どんな仕上がりになっているのでしょうか!

    曲目はネタバレになってしまいますので当日まで楽しみにしていてくださいね!

    即位25周年、CDデビュー23周年の王様がビートルズの名曲をストレートに日本語に訳した歌詞を

    超絶ギターテクニックにのせてあなたにお届けします。

    笑いと感動であなたを楽しませてくれること必至です

    イベントのご予約を頂くと入場料がお得になります👇

    直訳ロッカー王様2デイズ(1日目)/王様のビートルズナイトイベントご予約はこちら

  • 2018.11.07

    リンゴ・スター、ジャパン・ツアーの開催が決定! 7都市9公演 福岡にも来る~!!

    町田です

    リンゴ・スター、ジャパン・ツアー

    『RINGO STARR And His All Starr Band JAPAN TOUR 2019』

    の開催が決定したようですね

    3年ぶりの7都市9公演、今回も福岡に来てくれるそうでこれは本当に嬉しいです!

    3月27日(水)場所は福岡サンパレス

    チケットは税込みS席が1万6千円、A席が1万5千円

    一般発売が12月8日(土) 10:00~だそうです

    来日メンバーはまだ予定ですが

    リンゴ・スター
    スティーブ・ルカサー<TOTO>
    グレッグ・ローリー<ex.サンタナ / ジャーニー>
    ヘイミッシュ・スチュワート<ex.アべレージ・ホワイト・バンド>
    コリン・ヘイ<ex.メン・アット・ワーク>
    ウォーレン・ハム<ex.ブラッド・ロック / カンサス / AD>
    グレッグ・ビソネット<ex.デイヴ・リー・ロス>

    ※引用&他都市の公演情報:https://udo.jp/concert/RingoStarr、https://rockinon.com

    いつもながらそうそうたるメンバーでポールの次はリンゴ、

    ビートルズは本当に私たちを飽きさせてはくれません!

    リンゴの情報など歓喜しきりですが

    明日はポールジャパンツアー、初のナゴヤドーム公演です

    明日行かれる方々は本当に楽しんできてください。

    仕事で行けない方、東京ツアーが終了し現実に戻った方、

    もう少しポールに浸っていたいですよね。

    そんなあなたに贈る一押しのポール・マッカートニーのトリビュートバンド

    「PAUL KIMURA & WINGZ」のライブが11月11日(日)にあります!

    自らもフライングエレファンツのポールとして45年の演奏活動を行いポールを愛し深く追及してきたポール木村さんが

    凄腕のミュージシャンを従えビートルズ解散後のポールの名曲をお届けします。

    ポールのジャパンツアーではやらなかった『Jet』はセットリストに入ってるそうです。

    ロックショーからのあの名曲なども聴けるかもしれません!

    ぜひぜひ最後のポール公演に浸りにおいでください!

    以下のサイトかお電話にてご予約を入れて頂くとお得となっております

    ポール・マッカートニー & ビートルズ スペシャルライブ/Paul Kimura & WingZ、Cavern Boys ご予約はこちから

  • 2018.11.04

    オーナー町田のブログ①

    こんにちは町田です。

    『キャバーンビート』

    キャバーンと名前をつけた理由は最高のビートルズの演奏をお届けするということはもちろんですが

    もう一つの理由はビートルズみたいなアーティストがキャバーンビートから生まれて欲しいという願いを込めたからです。

    また、Windmillというバンドの『undestand』という曲を初めて聴いた時私は感動して涙が溢れてきました。

    合わせてなぜか『F-POP』という言葉が浮かびました。

    キャバーンビート6年やってきてまだ世には知られてませんが福岡には本気で頑張っていて本当に素晴らしいアーティストがいっぱいおります。

    なんとか頑張っている才能を世にだすバックアップみたいなことができないかといつも考えておりました。

    今回、『電気ビルみらいホール』の安藤さん、RKBラジオの番組『デモテープ』様に全面ご協力をいただくことができまして

    第一回目のF-POP歌謡祭を開催する運びとなりました。

    今回の出演者は、私町田がキャバーンビートで見てきまして新しいF-POPという時代を作っていくのにふさわしい

    福岡の皆さんにぜひみていただきたいアーティストを厳選して9組集めました。

    なんとか頑張っている若者のために福岡に住む皆様のお力をお借りしてF-POPという時代を作って彼らの後押しをしたいと考えております。

    今回ぜひ多くの方にみていただきたいので入場無料といたします。

    また福岡のイベントであり朝倉出身のえとぴりかも出演いたしますので

    九州北部豪雨へのチャリティーも合わせて実施いたします。

    2019年1月14日(祝)は福岡から新しいF-POPという時代がスタートします。

    ぜひ皆様のお力をお貸しください、よろしくお願い申し上げます。

    2019年1月14日(月)F-POP歌謡祭 vol.1 場所:電気ビルみらいホール(福岡市中央区渡辺通2丁目)イベント詳細はこちら

GET BACK