ライブあり、セッションありの完全分煙のライブ&ミュージックスペースです。レンタルスペース利用可。

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Tumblr
  • Flicker
  • Instagram
  • ENGLISH

ブログ

  • 2015.11.12

    スペインのUMMO キャバーンビートに現る!

    一昨日ですが、スペインからUMMO(ウンモ)というヒップホップのミュージシャンが平日のイベント「THE LIVE」に出演しました。

    数か月前に出演の依頼を受けた時に見た『腹切り』というPVは衝撃でした。

    日本の『さくら』をもじったような日本の楽器の音色に似せたラップ調のメロディに「腹切り」(ハラキリ)という日本語が歌詞の末尾に叫ばれていて、このミスマッチ感が歌詞が歌詞だけに、日本の武士道をどのように解釈しているのか何とも言えない気持ちになるけれど、音楽はカッコイイということで解釈した次第。

    UMMOという名前もミステリアスです

    UMMOとはスペインで起きたウンモ星人事件から名付けられているのではないかと、ご本人に伺えなかったので憶測ですが

    1960年代にウンモ星人を名乗る人物が、マドリッドのUFO研究家や社会的地位のある人たちに宇宙生物や宇宙船、ウンモ星のことなどについて手紙を6000通以上送りつけたという事件で、手紙には「王」の字を横にしたようなマークがはいっていたそう。

    後の検証で高等な科学の内容が書かれていたとされる手紙の内容もでたらめで地球人による捏造であったことが分かったそうです。

    なぜUMMOにしたのか謎ですが、完全にウンモ星人に成り切ってるようです。

    UMMO01

    写真はUMMOのフェイスブックページより

    ミステリアスなUMMOの『腹切り』

    UMMO02




  • 2015.11.10

    東京で活躍中のMasaki(マサキ)さんが音楽祭グランプリ受賞&12月5日(土)キャバーン・ビートで初のオリジナル・マキシシングルの先行リリースライブ!

    現在、プロミュージシャンで東京で活躍中のMasaki(マサキ)さんが、11月8日(日)に埼玉で開催されたチャリティーイベント「さいたま夢KANA音楽祭2015」 で見事グランプリを受賞されたそうです!

    今回マサキさんが受賞したイベントは、さいたま市が地元のミュージシャンの支援活動のため、ゴダイゴのメンバーで埼玉出身のタケカワユキヒデさんのプロデュースのもとに2006年から開催されている音楽コンテスト『The登竜門』というもので今回で10回目。

    グランプリ獲得グループには、タケカワユキヒデさん共演の『さいたま夢KANA音楽祭』の出演権が授与されるとか(HPより)。

    Masaki(マサキ)さんと言えばご存知の方も多いと思いますが、フライングエレファンツのドラマー手島武文さんのご子息で、現在はビートルズバンドのベース、ポール役などでプロミュージシャンとして関東で活躍中です。

    ご本人のプロフィールによると

    14歳の頃にバンドを結成し、YAMAHA主催のティーンズコンテストで奨励賞受賞、翌年(15歳)ベスト電器主催のビートルズコンテストで、ポールマッカートニー賞&準グランプリをダブル受賞し、その副賞でクロッシングホールでのThe Flying Elephantsの前座を務めました

    その後もイベント、ラジオ出演や、地元や関東のライブハウスのレギュラー出演を経て現在も活動されています。

    そして今回の音楽コンテスト『The登竜門』の10代グランプリに選ばれたことで、12月にリリースするCDは、帯とブックレットにタケカワユキヒデさんのレビューが入るそうです!

    左がマサキサン、右がゴダイゴのタケカワユキヒデさん

    マサキさんto

    12月リリースのCDは

    初オリジナル・マキシシングル「僕らのSUPER STAR」(3曲入り)

    12月8日(火)リリースです

    そして12月5日(土)先行リリースライブをここ福岡キャバーンビートにて行います!

    手島正揮&山本圭介  先行リリースライブ in キャバーン・ビート

    バックバンドも要注意です!

    メンバーは、キャバーン・ビートのハウスバンドABee’sのドラマー手島武人、ギター河西和哉の二人です

    またここで気付かれたと思いますが、ドラマー武人君は、マサキさんの実弟ですね!

    和哉君もエレファンツドラマー手島さんの教え子です

    手島お父様の嬉しそうなお顔も思い浮かびますね!

    マサキさんは前回昨年の10月に初めてキャバーンに出演して以来の今回2度目の兄弟共演と、初のマキシシングル先行レコ初ライブとなっております

    またビートルズのライブも交えてお届けいたしますので正樹さんのポールもお楽しみに!

    ジョン役は福岡出身のシンガーソングライター山本圭介さん、こちらも上京から丁度一年の凱旋ライブとなっております!

    keisuke

    ぜひお時間作って皆さんライブにいらしてくださいね

     

    手島正揮&山本圭介 先行リリースライブ in キャバーン・ビート詳細はこちら

     




     

     

  • 2015.11.08

    Tulip チューリップ ドラマー 上田雅利さん率いるビートルズバンド Revolution-9(レボリューション・マイナス・ナイン)

    先日、ベイシティローラズさん再結成するというブログで

    ベイシティローラズさんについてのブログはこちら

    「地元民が盛り上がらないわけがない」と書きましたがその件で、

    そう言えば、博多でも一昨年は同じようなことがあったんです

    2012年に40周年を迎えたTULIP(チューリップ)が「“THE LIVE”40th memorial tour」をしましたが

    その最終公演が2013年7月2日、地元福岡の「福岡サンパレス」で行われました。

    行かれた方も多いと思いますが、地元民である私たちもお店をお休みにして当然!見に行ってきました!

    これはチューリップにとっても、チューリップファンにとっても歴史の一ページですから見届けたいし

    盛り上げたい

     

    実は行くのには他にも理由がありまして

    チューリップのドラマー上田雅利さんとはお店オープン前から

    私たちのアマチュアバンド時代のバンドメンバー繋がりのご縁があり

    本当にオープンしてからキャバーン・ビートを使って下さいました最初の「有名人」でもあるのです。

    そういったご縁もあり私たちも上田さんのことが大好きですから、行かないわけがありません!!

    公演はもちろん圧巻で素晴らしかっです

    最初から最後まで上田さんのドラムに釘付けでした

    ある意味お店でビートルズやベンチャーズを叩かれる上田さんのイメージが強すぎて

    幸か不幸か?!

    これが本当の上田さんのお姿だと、感動感激

    公演終了後、疲れていらっしゃるはずなのに大変お元気でいらっしゃって、温かく、気さくに接してくださり

    そのお人柄は本当に「超素晴らしい」のです。

     

    そんな上田さんですが、皆さんご周知のとおりビートルズが大変お好きなんですね

    上田さんが率いるビートルズバンド Revolution-9(レボリューション・マイナス・ナイン)をご存知の方も多いと思います。

    ファンの方々の間では「レボ9」(レボキュー)というのが通称で、通な感じです

    レボ9は、2005年に結成されたビートルズを敬愛したリプロダクションユニットで、

    メンバーは上田雅利さんと「日本のポール・マッカートニー」として名高い伊豆田洋之さんを中心に、太田シノブさん、杉原英樹さんの実力派ミュージシャンにより構成。

    つまりビートルズを敬愛する凄腕のミュージシャンがビートルズを再現している凄いバンドということでよろしいのではないでしょうか。

    それぞれのソロ活動と並行して行われるレボ9のライブなだけに、それぞれの技術力、音楽キャリアと美しいコーラスワークを結集して圧巻のビートルズを聞かせてくれるところが大きな魅力の一つだと言えます。

    前回のライブで印象に残っているのは「Live and Let Die」

    ポール・マッカートニーのアウトゼアーの曲目の中でも最もシンボリックだった火柱が上がる曲です

    ポール火柱

    お店の中にガソリンは用意できませんのでもちろん演奏だけですが

    レボ9の演奏ではドームで見た火柱が見えるんですよ

    これは本当に!

    もちろん頭の中に出てくるんですが

    そのくらいレボ9の「Live and Let Die」は凄いんです!!

    これは絶対に「生(なま)」で体感してください。

    映像などでは伝わりません

    映像では残念ながら火柱は見えないのです

    バンドから発せられる音圧、空気感、バンドの息遣いは会場でしか体感できないものなのです。

     

    レボ9のライブは、九州ではここキャバーン・ビートのみ、年に1回のライブとなっているのですが、

    今年はなんと

    11月27日(金)にキャバーンビートに来ることになっています!

     

    九州近郊の皆さん、もちろん関東、関西、東北、北海道、全国の皆さんも

    リアルにビートルズを体感したい方はぜひ見にいらしてください!

     

    来て良かったと思えること間違いなしです!

     

    レボ9のイベント詳細はこちらから

     




     

  • 2015.11.07

    リッキー廣田さん率いる、リッキー&ザ・ミッシェルが来週今年最後のキャバーン・ビートライブ。

    今年もあと2ヵ月をきりましたね٩( ‘ω’ )و

    今年も数々の全国的に有名なビートルズバンドさんが、福岡のキャバーン・ビートに出演くださり本当に素晴らしいライブをたくさん届けて下さいました。

    記憶にも新しいですが先月25日には東京から六本木アビーロードのハウスバンド「ザ・パロッツ」さんにお越し頂きビートルズファンの皆様に「これぞビートルズ」というライブをお届けしたばかりです。

    全国のビートルズファンの方によく知られているビートルズバンドといえば幾つか思い出される方もいらっしゃると思いますが

    「RICKY & THE MICHELLE」(リッキー&ザ・ミッシェル)さんも全国的に有名なビートルズバンドの一つですね

    メインでヴォーカルを取られているリッキー廣田さんは、1973年にビートルズのコピーバンドとして知られていたザ・バッドボーイズで東芝EMIレコードよりアルバムデビュー。

    このアルバムは、ビートルズがデビューから2年経過した1964年4月に日本で最初にリリースされたアルバム『ミート・ザ・ビートルズ!』の完コピ版で『ミート・ザ・バッドボーイズ』というもの。

    このCDを何も知らされずに聞くと、ビートルズかと錯覚するほど凄い演奏とコーラスワークです。

    日本盤『ミート・ザ・ビートルズ!』

    日本盤meat_the_beatles01

    『ミート・ザ・バッドボーイズ!』

    meatthe_badboys

    ジャケットの写真はイギリスで1963年に発売されたセカンドアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』のハーフシャドウが使用されています。

    楽曲はイギリスで既に発売されたファーストアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』とセカンドの『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの選曲

    1.I want to hold your hand  2.She loves you  3.From me to you  4.Twist and shout  5.Love me do  6.Baby it’s you  7.Don’t bother me  8.Please please me  9.I saw her standing there  10.P.S I love you  11.Little child  12.All my loving  13.Hold me tight  14.Please mister postman

    その後、「リボルバー」、「リッキー&ザ・ミッシェル」、「ホットレッグス」、「ビーブラッズ」などのバンド活動やソロ活動で活躍の場を広げ

    昨年2014年はデビュー40周年を迎えられ今も精力的に音楽活動を続けられています。

    キャバーンビートにもオープン以来から何度も出演頂いていまして

    来週の金曜日(13日)に「RICKY & THE MICHELLE」(リッキー&ザ・ミッシェル)で、今年最後の福岡キャバーンビートでのライブを行います。

    リッキー&ザ・ミッシェルは、ギター&ヴォーカルにリッキー廣田さん、ベースの藤田光則さん、ドラムの竹原真人さん、キーボードに土屋 剛さんの4名で構成され、4人の凄腕の演奏にそれぞれがとるヴォーカルとコーラスワークは本当に聴き応えがあります。

    本当に素晴らしいのでぜひ会場で生のリッキー&ザ・ミシェルのビートルズの世界を楽しんで頂きたいです!

    レパートリーも半端なく広いんです!

    ビートルズから解散後の4人のソロ、リンゴ・スターやポール・マッカートニーの最近の曲まで500曲ほどあるそうです。

    ライブ途中のリクエストコーナーでは次々に出るリクエストにほとんどその場で答えてくださいます。

    これまでのライブでもリクエストに応えられなかったことはないんではないでしょうか

    ぜひリクエストコーナー参加してくださいね!

     




  • 2015.11.05

    再結成したベイ・シティ・ローラーズさん、レスリーさんからツイッター上でサタデー・ナイトに「いいね」頂きました!

    キャバーンビートのハウスバンド「グランドレボリューション」による「サタデー・ナイト」の動画ツイートに、ご本家ベイ・シティ・ローラーズさんとメンバーでリード・ヴォーカルのレスリー・マッコーエンさんから「いいね」を頂きました。

    タグ検索で自動的についたものかも?!

    それでもこれはうれしいです!

    bcr

    今回、ヴォーカルの「レスリー・マッコーエン」さんが「いいね」を下さいました曲は、まさにレスリー・マッコーエンさんが1973年にバンド加入後に大ヒットしたナンバーの一つで「Saturday Night」なのです。

    ベイシティローラーズといえば、1965年イギリスのスコットランドで結成され、70年代にボーイズバンドとして人気を誇り「ビートルズの再来」と言われたバンドで有名です。

    今年9月22日に12月のスコットランド再結成公演を発表してから、グラスゴー公演は即完売となり、その後の追加公演も完売したとのこと。

    地元ファンの愛情は深いですね、いやいやこれはもう当然の反応なのでしょう

    グラスゴー市民としては地元から世界に名を馳せたバンドが地元で再結成ライブをするんですから盛り上がらないわけにはいかないです!

    ちなみに根強い日本のファンのリクエストにより東京公演も来年2月に決まっているようです!

    近くでしたらぜひとも行きたい公演ですが

    スケジュール的に厳しいので(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

    私はグラレボの演奏で我慢することにします( *՞ਊ՞*)ノ

    レスリーさんにファブされたグラレボの「Saturday Night」です

    動画の通りいつも安定したパフォーマンスを届けてくれる

    グラレボナイトは盛り上がること間違いなしです

    ベイシティローラーズさんとレスリーさんにファブされたグラレボの「Saturday Night」生パフォーマンスをぜひ会場に見に来てください!

     

    なんと!今日はグラレボナイトの日ですよ!

     

    お待ちしています!!

     

    11月5日(木)ヒットソングス グラレボナイト詳細




GET BACK