ライブあり、セッションありの完全分煙のライブ&ミュージックスペースです。レンタルスペース利用可。

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Tumblr
  • Flicker
  • Instagram
  • ENGLISH

ブログ

2018.07.20

ポール・マッカートニー本人が認めたビートルズトリビュートバンド「ザ・パロッツ」

こんにちは!

今日は、お店は連日満員あのポール・マッカートニー本人が認めたことでも有名で、

ビートルズファンなら誰もが一度は見たり聞いたりしたことがあるという大人気のビートルズトリビュートバンド「ザ・パロッツ」というバンドについてお話します

 

パロッツをご存知の方も、まだそうでない方にも合わせてご説明させて頂きます。 

誤解のないように最初にお伝えしておきますがビートルズトリビュートバンドは「ビートルズ」ではありません!

パロッツメンバーの写真がこちらです

とてもみなさんお顔立ちが良いですが写真を見てもお分かりの通りメンバー全員日本人です!!!

しかし、パロッツのライブパフォーマンスは今となっては絶対に見ることのできない

ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人が揃ったビートルズのライブさながらの演奏を生演奏でしかもとても高いレベルで味わうことができる

国内では最高峰のビートルズトリビュートバンドなんです。

高いレベルがどういうレベルかと申しますと、

誰もが知っているような海外の有名ミュージシャン、

名前を挙げると、オアシス、スティーブ・ルカサー、ボズ・スキャッグス、ボンジョビなど

パロッツの演奏をわざわざ見に来店するという日本で唯一のバンドなんです!

そのようなまるでビートルズのように4人が揃った演奏を、しかもライブで体験できるとしたら、ビートルズファンのみならず、音楽を好きなみなさんは聞いてみたいと思いませんか?

パロッツは東京都港区六本木にあるビートルズライブハウス「アビーロード」のハウスバンドで

ビートルズのライブパフォーマンスをやらせたら国内でナンバーワンというビートルズトリビュートバンドです。

パロッツが出演する主に火曜から土曜日は、パロッツファンでお店は連日満員状態です。

引用:パロッツFaceBookより

なぜ、パロッツのライブがこんなに大人気かと申しますと、

あのビートルズのメンバー、ポール・マッカートニー本人も認め、有名海外ミュージシャンも見に来店し世界的にも認められたビートルズトリビュートバンドだからなんです。

2013年にポール・マッカートニーが来日公演のため日本に滞在中、ポールのプライベートパーティが都内某所で行われましたが、そのときに招かれてポールの前でビートルズを演奏したのがパロッツなんです。

これはまず、ポールにその名声が知られたこともですし、ポールのパーティに招かれて演奏すること自体が本当にあり得ないことなんです。


引用:ポールのバンドメンバー Brian Ray のInstagramより

そしてこのことはパロッツのライブパフォーマンスを本家本元の世界的なミュージシャンであるポール自身が、パロッツというビートルズトリビュートを、パロッツの楽曲のコピーのレベルの高さを評価したということなのです。

このミラクル大ホームランを打ったパロッツは、2017年にはキャロライン・ケネディ駐日米国大使の送別会や、今年2018年にはポールの次女で今や世界的なデザイナーとして成功を収めたステラ・マッカートニーが出席するプライベートパーティに招かれるなどビートルズファンのセレブの間でも引っ張りだこです。

因みに、ポール役のゴードンさん(写真左から2番目)はポールからは『ポール!』と呼ばれ、

ステラからは『ダッド!』と呼ばれたそうです!

引用:パロッツのFaceBookより Stella McCartney with The PARROTS

 

ここでレベルが高いと言われてもどんなものなのかと思われる方もいらっしゃると思いますので

今回は六本木アビーロードさんの実際の映像をお借りしてまいりましたのでお見せしたいと思います。

パロッツの醍醐味と言えば、生演奏のビートルズパフォーマンスを楽しめるというところなのですが、最大の魅力はなんといってもビートルズさながらの演奏力と歌唱力です。

ビートルズのメンバーは4人でジョン、ポール、ジョージ、リンゴそれぞれの楽器と歌のパートがあり、パロッツは各々のトリビュートの完成度が本当に高いので

ここのところにみなさん、ぜひ注目して見てみてください!

引用:YouTube 六本木アビーロード

いかがでしたか?

メンバー一人一人の演奏の上手さもさることながら歌唱力もありビートもビートルズの楽曲さながらの心地よいノリですよね

また衣装も揃っていてまるでビートルズが演奏しているかのように格好いいです。

そして男性のビートルズファンや、楽器演奏をされる方ならどうしても気になってしまうビートルズギア。

ビートルズが使用していたモデルと同じものでビートルズと同じ音を追求し、ビートルズっぽさというものを常に意識した音作りをしているからこそ、見た目にも音にもビートルズへのこだわりが感じられて、ビートルズファンとしては益々楽しみが広がります。

さて、ビートルズは4人組ですが、5人目のメンバーにジョージ・マーティンがいると言われますが、実はパロッツにもバンドサウンドを支える5人目のメンバーがいます。

みなさんも写真を見てお気付きかと思いますが、5人目のメンバー、キーボードのフーミンさんです。(メンバー写真右)

実はビートルズでさえもライブでは演奏したことのないオルガンや、フォーン、ストリングスが巧みに入った後期の曲や、ビートルズの楽曲ではよく登場し曲に幻想的な雰囲気を与えるシタールなど4人のメンバーでは出せない音を一手に担っているのがフーミンさんなんです。

前期から後期の曲までを見事にライブで再現できる一つの要として重要なパートであり、その完成度もまるでCDを聴いているかのようですので

みなさん!本当に必聴ですよ!!

またその評判は、噂が噂を呼びビートルズのポール・マッカートニーに届く前にもっと多くの海外有名ミュージシャンの間でも話題になっていたわけなんです。

先ほども少しご紹介しましたが、パロッツの生演奏を観に来店した海外有名ミュージシャンをここでも一部ご紹介したいと思います。

Oasis(オアシス)、Brian Setzer(ブライアン・セッツァー)、Steve Lukather(スティーブ・ルカサー)、Boz Scaggs(ボズ・スキャッグス)、TOTO(トト)、Jon Bon Jovi(ボン・ジョビ)、Olivia Newton-John(オリビア・ニュートンジョン)、Norah Jones(ノラ・ジョーンズ)、Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)、Harry Styles(ハリー・スタイルズ)、Will Lee & Chris Panker(ウィル・リー&クリス・パーカー )他

まだここに挙げきれていない有名ミュージシャンが他にも沢山、パロッツのライブパフォーマンスを見に来ているのです。

写真は、アビーロード店内にディスプレイしてある来店した有名海外ミュージシャンとパロッツが写った写真です。

本当に全部入り切れてないです!

これだけの有名アーティストも見に来るというパロッツのビートルズパフォーマンス

それも一度ではありません、何度も来店しているミュージシャンもいるくらいです

この様なビートルズトリビュートバンドは他には聞いたことがないです、パロッツが唯一のバンドです。

ポールも有名海外ミュージシャンもわざわざ見たいと思うビートルズトリビュートバンド「パロッツ」は一度は見ていて本当に損はないと思います!

さてここまで「パロッツ」の魅力を沢山お届けしていますが、

残念なことに、やはり動画で見たり、話を聞いただけではまだまだ本当のパロッツライブの良さを体験できていません。

なにしろその魅力は、生のライブパフォーマンスなんです。

媒体を通した音というのは適当に音域がカットされますので全ての音が皆さんに伝えられていません。

更に、音以外にもバンドが醸し出す迫力、楽器の振動や生音、息づかい、会場の空気感、メンバーによる曲間の楽しいMCなどは

会場でしか味わうことができません!これが体感できるのは会場だけなのです!!

このパロッツの演奏を実際に見てみたいという場合は、現時点では東京都港区六本木のアビーロードに行くしかありません。

ですが今回なんと、パロッツが福岡まで、皆さんのところまで来てくれるのです!

皆さん考えてみてください。

六本木まで見に行こうと思った場合のことを。

福岡から東京へパロッツを見に行こうと思ったら、一人分の交通宿泊費だけでも一泊で30,000円前後はかかりますよね。

そしてその他にも諸々と経費がかかりますし、時間と経費と労力と膨大にかかってしまいます。

ところが、今回はパロッツの方からその時間と経費と労力を膨大にかけて福岡まで、皆さんのところまできてくれるというのですから

こんなにうれしいことはありませんよね!

 

そして、気になるチケット料金ですが、

正直申しまして、他のプロビートルズトリビュートバンドに比べて若干割高となっています。

なぜなら六本木でお店は毎晩満員、あのポール・マッカートニー本人も、有名海外ミュージシャンも見たいと思うパロッツだからです。

六本木アビーロード以外では、プライベートなパーティやイベントなどで限られた人しか見られないバンドです。

ですが、今回はなんと福岡で2デイズ、どなたでも見ることができます。

福岡2デイズ、皆さんになんとか二日間たっぷりパロッツのビートルズパフォーマンスを味わって頂きたいということで、今回お値段をかなりがんばらせて頂きました。

 

1日のチケットお値段は、今回は従来の料金9,000円をなんと2,100円引きの6,900円で販売いたします。

これまでにないディスカウント料金です。

皆さんは、福岡近郊に居ながらにして、チケット代と少しの交通費のみでこの素晴らしいパロッツのライブショーを見られるというわけなんです。

しかも、なんと今回は2デイズということなので更に特典をお付けしています!!

 

2デイズ見に来られる方は更にお値引きして2日間通しでは、なんと13,000円にて販売です。

 

ですから今回2日トータルで見た場合は、従来の料金と比べて5,000円もお得になります!

 

そして更に、2日間通しの両日チケットをいち早くご購入いただいた方先着10名様に、パロッツメンバー全員の直筆サイン入りアーティスト写真をプレゼントいたします!

本当にいつもそうですが、ぶっちゃけこのイベントは赤字覚悟なんです

普段、パロッツを見ることのできない福岡近郊の皆さんに、この素晴らしいパロッツのライブパフォーマンスをぜひ生で見て頂きたいという一心で開催しております。

なのでいつ開催できなくなってもおかしくありません。たまたま今年は無事に開催できたというだけのことで来年開催の確約はありません!

今回ばかりは1日でパロッツは東京に帰ったりしません、あなたが東京に沢山の経費や労力を使って行かなくても二日間もパロッツのビートルズさながらの生演奏をこの価格で堪能できるんです、パロッツのメンバーにも二日間たっぷり会えます!

これは本当に前例がなく、パロッツファン、ビートルズファン、音楽ファンにとってもとてもうれしい企画となっています!

今回はビートルズのメンバー、ポール・マッカートニーや有名海外ミュージシャンも認めた、国内でも大人気のパロッツのビートルズさながらの迫力のパフォーマンスが、東京にわざわざ行かなくても福岡で2デイズ見られます!

今年は2デイズということで1日入場料6,900円、2日間通し券の場合は13,000円と通常価格から5,000円もお得になっています。

まだパロッツを見たことがないという方も、そしていつも見に来てくださっているあなたも、本当に今回はあり得ない価格でたっぷりパロッツを2日間楽しむことができます。

パロッツのビートルズさながらのライブパフォーマンスを福岡で体感するチャンスは今年10月28日(日)、29日(月)の2デイズとなっております。

会場のパロッツにぜひ会いにお越しください!!

 

<前売り券販売期間>

8月1日(水)正午より販売開始

9月27日(土)23:59販売終了

 

※9月28日(日)より両日とも当日料金(前売り料金+500円)となりますのでご注意ください。

 

<券種>

1)10月28日(日)1日券 6,900円 

2)10月29日(月)1日券 6,900円

3)10月28、29日(日、月)両日券 13,000円

※両日券は、1と2の券種を接合してお渡しいたします。切り離すと追加料金(400円)となりますのでご注意下さい。

※両日券をいち早くご購入いただいた方先着10名様へのプレゼント当選は後日メールにてお知らせいたします。

<チケットの入手方法>

・キャバーンビート店頭、協賛店 紅蓉軒(福岡市中央区春吉2丁目12-16アビイ道路) 店頭にてチケットをご購入できます。

・キャバーンビートのサイト

※サイトからお申し込み後にメールにてお振込先銀行口座を送付いたします。

※入金確認後、チケットを郵送いたします。

※振込手数料はお客様ご負担となりますのでご了承ください。

ポール・マッカートニー本人が認めたビートルズトリビュートバンド「ザ・パロッツ」のビートルズライブ2デイズ 福岡 チケットのお申込みはこちら

協賛:炭焼肉 石田屋。  ザ・ビートルズタイム 紅蓉軒 KIRIN

炭焼肉 石田屋。博多中洲店 神戸牛の炭火焼肉を楽しめるお店。10月11日(木)博多区中洲にオープンします。福岡市博多区中洲2丁目-6-5

紅蓉軒 ホームページ   テレビや新聞でも取り上げられた、コラーゲンたっぷりスープの美味しい中華料理のお店

ザ・ビートルズタイム  湯布院ラヂオ局 ザ・ビートルズタイムは毎週土曜23:00~24:00放送。再放送 毎週日曜14:00~15:00

------------------------

本ブログの著作権はキャバーンビートにあります。

------------------------





GET BACK